日焼け止め化粧品の上手な使い方

日焼け止め化粧品の上手な使い方

アウトドアでは一年中欠かせないUVケア。
炎天下でのレジャーなど長時間強い紫外線にさらされる場合は、SPF30以上、PAは++(2プラス)以上を使いましょう。
さらに非常に強い紫外線にさらされる方、高地や赤道付近に行く方や、国内でもしっかりUVケアしたいときは、SPF50、PA+++以上を選びたいですね。
資生堂の「アネッサ」シリーズのパーフェクトUVサンスクーンA+は、ウオータープルーフでアウトドアの使用にオススメです。
SPF50、PA++++の高いUVガード力があります。
ウオータープルーフでありながら、のびがよく、べたつきのない心地よい使用感が魅力。
強い陽射しを気にせず、レジャーを楽しむことができます。
快適な使用感でデイリー使いにも適しています。
ウオータープルーフなのに、専用のクレンジングは不要で、いつもの洗浄料ですっきりオフできます。
ちなみに、カラダに上手に日焼け止めをぬるには、容器から直接、肌の上に線状に乗せるのがコツですよ。
そして、手のひら全体で、肌に円を描くようにのばすとまんべんなく付けることができます。
少量ずつ付け足したり、一度にたくさん付けてしまうと、ムラづきになりやすいので気をつけましょう。
髪をアップにしたり、陽射しを浴びやすい首の後ろも忘れずに塗りましょう。
髪の生え際や、耳、ひじやひざの裏なども忘れがちなので、必ず塗るようにしましょう。
日焼け止め化粧品を賢くチョイスして、アウトドアやレジャーで紫外線をしっかりガードして、思いっきり楽しみましょう。